ドレスのコーディネート

結婚式の開催時間にもよりますが、基本的に露出が多過ぎるドレスは不適切です。 上品さに欠けてしまいますし、式の品位を下げることにも繋がってしまいます。 最近ではミニスカートやベアトップなど、肌を露出したファッションも普及してきました。 ですが、あくまでそれが許されるのは、カジュアルなシーンでのみなのです。 肩、胸元、背中、脚の露出には特に注意が必要です。   スカート丈は、膝上の極端なミニスカートですと、カジュアルな印象になってしまいます。 デザインによっては、着席時やお辞儀をすると肌が露出してしまう場合もあります。 試着する際には、動いてチェックしましょう。   肩が出ているベアトップやノースリーブのドレスは、ショールやボレロで肩を隠せば上品になり、昼間でも着用することができます。 胸元や背中が大きく開いていて、過激なデザインは控えましょう。 たとえスカート丈は長くとも、深くスリットが入り、太ももが見えるデザインも相応しくありません。   また、リクルートスーツはカジュアルな仕事着であるため、着用できません。 明るく華やかでも、柄物のドレスもカジュアルな印象になってしまいます。 日本国内の結婚式では、着物以外の民族衣装も、出身国でなければ着用しない方が良いでしょう。   幅広い年齢層の方が集まる場では、自分の服装によって、誰かを不快な気持ちにさせてしまうかもしれません。 参加者にご年配の方・目上の方がいらっしゃったり、堅めの式や会場である場合は、特に上品であることを心がけましょう。[…]

Read more

マーメイドラインをより魅力的に見せるために

張り付くようにピタッとフィットするマーメイドライン。 上半身~太ももくらいまで隙間なく包み込み、足元にフレア等を付けて広がりを持たせるスタイルのドレスです。 ピッタリとした感触やヒレが付いたようなデザインから、人魚姫になった気分を味わえるかもしれません。 マーメイドラインは体のラインがクッキリ出るため、背の高い方やスタイルに自信がある方に特におすすめのドレスです。 またマーメイドラインは式場・会場が小さい場合なんかにもピッタリ。 他のスタイル、例えばプリンセスラインやAラインのように、 スカートにふわふわと大きな広がりがあると、すぐにぶつかったり引っかかったりしてしまいかねません。 その点マーメイドラインなら体に密着しているため小回りがきき、動きやすいので小さめの会場でもぜんぜん大丈夫です。 レストランやホテル等、通路を歩いてまわるときや、お食事を楽しみながらの式場なんかとは相性が良いでしょう。 狭い式場を優雅に歩き回り、思わず誰もが振り返るような展開もあるかもしれません。 そんなマーメイドラインの魅力を最大限に引き出すためにも、歩き方・姿勢の注意点を2つほどご紹介します。 ①まっすぐを意識 マーメイドラインは曲線美というよりも、どちらかというと直線が引き立つスタイルです。 プリンセスラインやAラインと違って、下手に体を曲げずまっすぐ立つことを意識してみてください。 ②堂々とした姿勢で 優雅さや上品さが決め手のマーメイドラインは、いかに立派に見せるかが大事です。 会場の雰囲気に圧倒されたり、お辞儀するときに背中を曲げたりしてしまうのは避けたほうが良いでしょう。 最後まで堂々とした姿勢をキープするのがベストです。

Read more

宝石の持つ意味とは

誕生石や宝石言葉など、宝石の持つ意味はいろいろなものに分けられます。こういった情報を知っておくだけでも、選んだドレスと結婚指輪がより大切に思えてくるでしょう。 ヨーロッパでは誕生石や宝石言葉のほかに、星座石という習慣も浸透しているそうです。ヨーロッパでは社交界にデビューする時に親から星座石が贈られる風習があり、守護石としてのパワーも誕生石より強いと考えられています。 星座石は占星術におなじみの星座占いと同様に占星術に基づいています。誕生石の場合は一つの月に一つか二つの誕生石でしたが、星座石の場合は一つの星座にいくつもの星座石があります。これは、占星術師によって星座石が変わってくるからです。 牡羊座の星座石はルビーやダイヤモンド、ガーネットなど。おうし座はエメラルドやサファイア、アクアマリンなどです。ふたご座はシトリン・トパーズ・サファイア。アクアマリンとアレキサンドライトもふたご座の星座石です。かに座は真珠やエメラルドなどで、しし座はルビー・ダイヤモンド・オパールなどがあります。 また、てんびん座はオパール、蠍座はトパーズ、射手座はアメシストが代表的な星座石です。そしてやぎ座はガーネットやトルコ石など、魚座はアクアマリン、翡翠、アメシスト、オパール、月長石が星座石です。宝石の持つ意味と着るドレスのデザインのコンセプトを知ってうまく合わせましょう。

Read more

紺と白のドレス

基本の色と形で、ブラウスとスカートを持っていると、 その時々で、いろいろに演出できて、とても便利。基本の色は、アイボリ ー・ホワイトと、ダーク・ブル ー。 コサージやマフラ ーで変化をつけてみたり、 いつもと同じようで、とこか違う楽しさです。その日の気分で着る、紺と白のドレスはいかがでしょうか。レンタルドレスをするならレンタルドレスのプチラパンがおすすめです。

Read more

プロノピアスのドレス

1968年に、ウェディングドレスをはじめとしたブライダルアイテムを取り扱う専門店をスペインで初めてオープンしたのが始まりです。 それ以降、常に国際マーケットの中で、技術革新とトレンドを生み出し続けています。 素肌にレースを施したような、繊細な背中のイルージヨノデザインは モード派花嫁必見です。レースの上にチュールを笠ねた柔らかなスカートも 優美さの極み。アクセサリーはイヤリンゲのみ、の潔さが良いバランスです。 70名以上のデザイナーチームを抱え、毎年650種類ものウエディングドレスやパーティドレスを発表し、グループ内のすべてのブランドより2,000種類ものアクセサリーを発表しているのが特徴です。 設計・モデルチームとパターンカットチームは、世界のマーケット情報を持つバルセロナにある本社にてデザインを行っています。

Read more

ラトリエ・マリアージユ

素材にこだわったハイクオリティなウェディングドレスを発信し、本物を知る大人の花嫁から常に注目を集める 『ラトリエ・マリアージユ 』 。時を経ても変わらない美しさをもつ、洗練されたクラシ ックスタイルに、空気感や甘さなど、今を感じるエッセンスをプラスしたドレスを多数発表。ブランドのテーマとな って いる「コンテンポラリー・クラシ ック」を巧みに表現しています。クラシカルでエレガント、それでいてどこかに軽やかさや可愛らしさを感じさせるデザイン。そして上質な素材によってつくり出されるドレスは、こだわり派の花嫁にこそ着てほしい洗練された美しさに満ちています。

Read more

おすすめウェディングドレス

モードな感性が漂うロマン派ドレス 細やかなチュールが波打つ 表情盤かなAラインドレス 。 ウエストマークした黒リボンがシャープなアクセントに 。 ミニ×ロングベールでガーデンの妖精風 リラックス感漂う口一ウエスト の膝丈ドレス。カジュアルな ミニドレスには、花冠×装飾 付きのロンヅベールで 花嫁ムードをプラスして。 立体的なスカートが愛らしさたっぷり 花のビッグコサージュが フリルと重なりあう ロマンティックなオフショルダードレス 。さらりとしたダウンへア ×花のピアスで、洗練ムード 満点のドレス。

Read more

NGのドレス

結婚式では、白のドレスは花嫁だけの特権ですので、来賓は白のドレスはNGです。 さらに、クリーム色、薄ピンクをはじめとした白系のドレスは、写真写りによっては「真っ白」に写ってしまうためやめておきましょう。 また、ボレロなどの羽織り物がこれらの色の場合、透け素材でなければ白っぽく見えてしまうこともありますので注意しましょう。 上半身だけ見たときに白っぽく見えてしまわないか?というのもよく確認しましょう。

Read more