レンタルドレスとは

今、大変賢いライフスタイルの一つとして多くの女性方から注目を浴びているのがレンタルドレスです。特に、社会人になって間もない二十代の女性、少しずつキャリアを積み仕事の幅を広げている三十代の女性、また、結婚して授かった子供が成長するにつれ、入園、入学、七五三等々の行事に身を整えて出かけたい二十代から四十代の女性、さらに、五十代以降でも、特別な日にはドレスを着たい、けれど自分のワードローブに相応しいドレスはない、買うのはもったいないし、この先何度も着ることはないと思われるドレスに高額な出費はできない等、そうした女性たちが「レンタル」ということを考えるようになったのは、自然の流れかもしれません。

昔から和装部門では、結婚式や成人式等々の“晴れの日”の装いとして貸衣装店は数多くありました。“一生に一度”の花嫁衣裳はやはり“白無垢”と“振袖”という時代を経て、“ウエディングドレス”にお色直しは“カラーウエディングドレス”といった要望が増え、現代は、結婚式に白無垢、披露宴はウエディングドレス お色直しにはカクテルドレスか振袖と、和装と洋装のどちらも着たい花嫁さんが多くなっています。勢い貸衣装店では、和装も洋装も数多くの貸衣装を揃えるようになりました。併せて、列席される親族、友人、知人を問わず、ドレスで参加という要望が増え、貸衣装店でも参列者用のレンタルドレスを揃えるようになったようです。

こうした時代のニーズに合わせて様々な用途に対応し、女性を美しく引き立てるドレスを数多く揃えて数日間貸し出す業種の会社が起業し、その数が増えて来ています。そして年々、単なる“貸し出し”に止まらず、多種多様のデザイン、生地、色彩にあふれたドレスを提供するようになりました。そして手軽にいつでも好みのドレスが届く、ネットによるレンタルドレス専門のサイトが登場し、今やそこでは、外国の高級ブランドのドレスまで扱っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *