Aライン

比較的オーソドックスではあるが、上品な雰囲気があるので、選ばれる方も多いデザインです。
裾の広がりがアルファベットの「A」に似ているため、こう呼ばれています。

特徴は、ウエストの位置が高く、すっきりしているデザインです。
裾は、下にいくにしたがい、だんだんフワッと広がっていきます。

あまり体型に左右されず、気になるラインをカバーしてくれるデザインです。
そして、ウエストラインが高いので、脚を長く見せられます。
スカートがフワッとしているので、ウエストラインにモチーフなどをあしらうと、より細く見せることができます。
また、胸元にモチーフなどをあしらうと、スラッと背が高く見えます。
そして、ヒールの高さで全体のバランスを調整できます。

Aラインのドレスが似合う式場は、教会での結婚式です。
特に、後ろの裾が長いタイプは、入場のときの厳かな雰囲気にピッタリです。
小さめな教会では、スカートの広がりがあまり大きすぎないタイプがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *