ウェディングドレスに合わせる誕生石の指輪

結婚式でウェディングドレスに合わせる指輪に誕生石を選ぶ人が増えています。1月から12月までのすべての月の誕生石というものがあります。自分が生まれた月の誕生石は、災害から身を守ってくれる守護石の意味もあります。したがって、自分の誕生石を使った結婚指輪を選択する人も増えているようです。
誕生石の起源があるのは、旧約に登場する12種類の宝石であるが、世界共通というのはありません。主要部分はほぼ同じですが、国によって若干誕生石に違いがあります。
1月の誕生石は、日本・米国・英国の両方ガーネット2月のアメジストです。 3月のアクアマリンブラッドストーンだが、日本はこれにサンゴが追加されます。 4月の場合、日本と米国は、ダイヤモンド、イギリスは、ダイヤモンドとクリスタルです。 5月にエメラルドが 6月には、真珠とムーンストーンが誕生石です。 7月には、ルビー。米国は、アレクサンダー、イギリスはカーネリアンも誕生石です。 こういった誕生石とドレスをうまく合わせてドレスレンタルのコーディネートをするのもかなりいいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *