ドレスのコーディネート

結婚式の開催時間にもよりますが、基本的に露出が多過ぎるドレスは不適切です。

上品さに欠けてしまいますし、式の品位を下げることにも繋がってしまいます。

最近ではミニスカートやベアトップなど、肌を露出したファッションも普及してきました。

ですが、あくまでそれが許されるのは、カジュアルなシーンでのみなのです。

肩、胸元、背中、脚の露出には特に注意が必要です。

 

スカート丈は、膝上の極端なミニスカートですと、カジュアルな印象になってしまいます。

デザインによっては、着席時やお辞儀をすると肌が露出してしまう場合もあります。

試着する際には、動いてチェックしましょう。

 

肩が出ているベアトップやノースリーブのドレスは、ショールやボレロで肩を隠せば上品になり、昼間でも着用することができます。

胸元や背中が大きく開いていて、過激なデザインは控えましょう。

たとえスカート丈は長くとも、深くスリットが入り、太ももが見えるデザインも相応しくありません。

 

また、リクルートスーツはカジュアルな仕事着であるため、着用できません。

明るく華やかでも、柄物のドレスもカジュアルな印象になってしまいます。

日本国内の結婚式では、着物以外の民族衣装も、出身国でなければ着用しない方が良いでしょう。

 

幅広い年齢層の方が集まる場では、自分の服装によって、誰かを不快な気持ちにさせてしまうかもしれません。

参加者にご年配の方・目上の方がいらっしゃったり、堅めの式や会場である場合は、特に上品であることを心がけましょう。

独りよがりでマナーを無視したデザインや、奇抜なデザインは避けるべきです。

上品さ、明るさ、高級感などに重点をおいて、コーディネイトを考えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *