正統派セレモニー

ラグジュアリーでオフィシャルな雰囲気を大事にしたいなら、一流のホスピタリティを有するホテルを選ぶと良いでしょう。また、ただ単に一流のホテルという理由で選ぶのではなく、自分の思い入れのあるホテルや思い出のあるホテルなどを選ぶことで、より味わい深い挙式にすることができます。例えば、一流ホテルで挙式を挙げたある新郎新婦は、新郎が新婦にプロポーズしたホテルを挙式会場にしました。そのようなエピソードは、新郎新婦がパーティ会場を選んだ理由としても、ゲストに伝わり、より感動的な挙式になることでしょう。

ホテル選びについては、きちんと感のある大人のためのシックなホテルは、演出や装飾までサービスが行き渡っていて、上質な演出が可能です。オフィシャル感のある場であれば、目上のゲストに対する配慮にもつながり、より格式高いパーティになるでしょう。

より重厚感のある演出で大人のパーティーを演出したいのであれば、照明使いやテーブルクロスの色合いなどもウェディングプランナーと相談の上、ネイビーやパープルなどの色で、パーティ会場の色をシックにまとめることもできます。

正統派セレモニーの場合、ウェディングドレスも正当派の白のドレスでまとめることが統一感を出す上で考えたいところです。お色直しのドレスについても、場の雰囲気に合わせてネイビーや赤などシックで派手すぎないものをコーディネートするのが良いでしょう。披露宴会場の色のコーディーネートを考えた上で、レンタルドレスをする場合には、パーティー会場とドレスの色を勘案した上で選ぶことが大切です。