伝統を大切にした和式婚

厳かな雰囲気で伝統と格式を大切にしたいなら、和式の正統派ウェディングが良いでしょう。日本の伝統と家族の歴史に最大限に敬意を払う姿勢が、新郎新婦の人柄を伝える挙式となります。

特に、親族中心に和やかに行いたいのであれば、派手すぎず、かといって堅苦しくない、アットホームな雰囲気がゲストをなごませる式になることは間違いありません。

沢山の人を招いての披露宴とは違い、親族中心に挙式と披露宴をする場合には、家族との距離感が近く、自分を育ててくれた両親への感謝が最も伝わりやすい式になりやすいため、家族との一体感を希望する場合には、あえてパーティの規模を追求しない披露宴会場選びをしたいものです。

神前式の場合は白無垢で式をすることになりますが、披露宴では白無垢からウェディングドレスに着替える花嫁が大多数です。レンタルドレスの場合には、厳かな雰囲気とはまた違う、花嫁の完成を生かしたドレスで一生に一度の結婚式を楽しみましょう。厳かな雰囲気から披露宴では楽しくアットホームな場をつくることで、よりゲストがリラックスして楽しめる場を創造することができるでしょう。

伝統と格式を重んじる場合でも、自身の感性を生かしてウェディングケーキや披露宴会場のコーディネートなど、自身が楽しみながら、こだわりつつ選ぶことでオリジナリティあふれる挙式になることでしょう。